RSS feed
人形町・馬喰町・東日本橋・小伝馬町など日本橋に住むための最新情報

人形町~馬喰町、東日本橋の食

 
  • 日経平均株価とTOPIXの違い

    Posted on 12月 21st, 2008投資

    日経平均株価もTOPIX(東証株価指数)も、日本を代表する株価インデックスです。
    いずれも日本を代表する株式市場である東証1部市場の値動きを示します。

    ■日経平均株価
    東証1部上場全銘柄のなかから、日本を代表すると思われる225銘柄をピックアップし、その平均株価をある除数でわったもの。

    ■TOPIX(東証株価指数)
    東証1部上場全銘柄の時価総額を終値ベースで計算し、1968年1月4日の時価総額を100として指数化したもの。

    どちらが優れてるのか?
     →日経平均株価は、2000年4月に行われた銘柄入れ替えによって、ハイテク関連銘柄の比率が高まった結果、ハイテク関連銘柄の値動きに左右されやすい。
      この銘柄入れ替えの際に、採用銘柄が大きく買われる一方で、除外銘柄が売り込まれたことによって、平均株価そのものに不連続性が生じてしまっている。

     →TOPIX(東証株価指数)は、全銘柄の時価総額をベースに算出されているので、時価総額の大きな銘柄の動向に左右されやすい。しかし、特定銘柄の値動きに引きずられるケースが多いことから、市場全体の値動きを網羅的に見る上では参考になりそう。

    ※長期運用の指標とするにはTOPIXの方が向いているようです。